投稿

エッジコンピューティングとIndustry4.0の関係

エッジコンピューティングとは、IoT機器などの現場のデバイスの近くにサーバなどの基盤を配置し、その近隣で生み出されるデータをそれぞれのエッジで分散処理した上で、クラウドとの連携を行う技術である。この技術がIndustry4.0の代表事例「スマート・ファクトリー(考える工場)」の実現に欠かせない技術として脚光を浴びています。   リアルタイムデータの収集 人工知能へのデータ投入 最適化のためにリアルタイムで対応 高信頼性、超高速ネットワーク–…